ニューパラ

ニュース など気になる情報をチェックしてご紹介

国際

【話題】 元CIA(米中央情報局)職員スノーデン暴露 "米政府と背の高い白いエイリアン"(画像あり)

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/02/23(日) 15:10:51.42 ID:???0
世界最強と称される情報機関・CIA(米中央情報局)の元職員であるエドワード・スノーデン氏(30)。

「同氏は13年5月に渡航先の香港で、米政府の機密を全世界に向けて暴露し、一躍、時の人に。
肝を冷やした米政府は、情報漏洩の罪で指名手配しています」(通信社記者)

スノーデン氏は地元の短大を卒業後、米陸軍に入隊。
訓練中に大怪我を負う。怪我の治療中にNSA(米国家安全保障局)からスカウトされ、情報機関の職員となった。

NSAで働いている間にCIAからもスカウトを受け、今度は同組織の職員に。
米国が誇る2大情報機関で勤務したことにより、スノーデン氏は門外不出の機密情報を蓄積していったわけだ。

「NSAは偵察衛星と世界中に設置された傍受アンテナを駆使して、無線、電話、FAX、Eメールなどを傍受、分析している情報機関。
米軍と自衛隊が共同利用している青森の三沢基地にも、巨大な傍受アンテナが設置されています。

スノーデンは、NSAが米国民のみならず、世界中の人々を盗聴していることを告発。重大な人権侵害だと憤慨してみせました。
続いて、ドイツのメルケル首相の携帯電話や、国連機関職員のメールや携帯電話も盗聴していたことも暴露したため、世界中でトップニュースとなったんです」(軍事ライター・黒鉦英夫氏)

スノーデン氏は複数の国に対し、政治亡命を申請しているが、亡命受け入れを表明した国はなし。
現在、ロシア政府が一時滞在許可を与えているため、ロシア国内で暮らしている。

「スノーデン問題は、オバマ政権にとって大きな痛手です。レームダック(死に体)が指摘されるオバマ政権は、スノーデン氏の告発によって、対ロシア外交でも圧倒的不利に陥った。

一方のロシアは、米国に対して"ジョーカー"を手にしたと言えます。彼のロシア滞在の許可は1年限定。今年の7月に切れます。
それを延長するかしないかで、ロシアがスノーデン氏から情報をすべて吸い上げたかどうかが、わかりますよ」(元・時事通信社ワシントン支局長の小関哲哉氏)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw961228

no title

>>2

続きを読む

【国際】賃金8億円超未払い=ソチ五輪の建設作業員に

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/19(水) 23:13:05.49 ID:???0
★賃金8億円超未払い=ソチ五輪の建設作業員に〔五輪〕

国際オリンピック委員会(IOC)は19日、ソチ五輪関連の建設作業に従事した作業員
への賃金800万ドル(約8億2000万円)が未払いになっているとの調査結果を発表した。
企業500社以上を調べ、支払いが滞っていることが確認された。

アダムス広報部長は記者会見で「ロシア当局からも情報を得ている。IOCと組織委は
賃金の支払いがなされるように働き掛ける」と述べた。

労働者の賃金をめぐっては、タジキスタンやキルギスなど中央アジアからの出稼ぎ労働者が
不当な扱いを受けている、とロシアの人権団体が訴えて問題となっていた。ソチ五輪関連
施設の建設やインフラ整備には510億ドル(約5兆2000億円)が投じられている。(2014/02/19-21:45)

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014021900949

続きを読む

【米国】思考で生きた「アバター」を操作 科学者チームがサル実験に成功[14/02/19]

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/19(水) 11:58:05.02 ID:???
ソースは
http://www.afpbb.com/articles/-/3008784
http://www.afpbb.com/articles/-/3008784?pid=0&page=2

[1/2]
サルの思考を、眠っている別のサルに電極で転送し、その腕を操作させる実験に成功した
との研究論文が18日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表された。

実験を行ったのは、まひの治療法開発に取り組む米科学者チーム。
鎮静剤で完全に眠らせたアカゲザルの腕を、別のサルの脳の指令により動かし、
ジョイスティックを操作して作業を実行させることに成功したという。
チームは、脳と脳が制御しようとする筋肉との連絡が完全に断たれている状態の
「完全まひ」を再現するためにこの実験を行った。

論文の共同執筆者、米コーネル大学電気・計算機工学部のマリアム・シャネチ氏は、
AFPの取材に「われわれは、実験対象が、まひした腕を純粋に思考だけで
制御できることを示した」と語った。この成果は、まひ患者が再び自分の手足を
自由に動かすための治療法の確立につながる可能性があるという。

技術者と神経科学者からなる研究チームは、電極を用いて一方のサルの脳を
他方のサルの脊髄に接続し、コンピューターを介して神経信号を解読・中継した。
チームは「マスター」と呼ばれる最初のサルを、コンピューター画面の前に置かれた
特殊ないすに座らせ、頭部を固定。
画面には1つのカーソルと、画面上の2か所に現れては消える緑色の丸を表示させた。

鎮静剤で完全に眠らせた2番目のサル「アバター」は別の場所に置かれ、腕は360度
動くジョイスティックにひもで固定された。
ジョイスティックは、マスターの前の画面上でカーソルを動かして円形の標的を
追うために使われた。

マスターがカーソルを動かそうと思うと、コンピューターがその脳の信号を解読し、
2つの標的のどちらを思い浮かべたかを判別。
解読されたデータは、眠っているアバターの脊髄にリアルタイムで中継され、
それに応じて腕がジョイスティックを操作する。
カーソルが標的に命中すれば、ご褒美としてマスターにはジュースが与えられる。

研究チームによると、「マスター」と「アバター」の役割を交代することもできる
2匹のサルは、約84%の確率でカーソルを標的に命中させることができたという。

-続きます-

続きを読む

【米国】エリア51の極秘偵察機、パイロットが語る[14/02/06]

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/07(金) 14:40:12.28 ID:???
ソースは
http://www.cnn.co.jp/fringe/35043552.html
http://www.cnn.co.jp/fringe/35043552-2.html
http://www.cnn.co.jp/fringe/35043552-3.html

オハイオ州(CNN) 逆さまに引っくり返した浴槽に翼が生えたような姿。
「タシット・ブルー」(コード名)は非常に変わった外観をしているが、かつて米国で
トップ級の軍事機密に属する偵察機だった。
同機は今、オハイオ州デイトン近郊にある国立空軍博物館に収蔵され、「クジラ」の愛称で
親しまれる。しかし1996年に機密指定が解除されるまでは極めて重大な存在だった。

米国防総省は当時の冷戦下で、ソ連のレーダーに映らないステルス偵察機を必要としていた。
そこで「ブラックプログラム」を立ち上げて、戦場偵察のための1人乗り偵察機、
タシット・ブルーを開発。米中央情報局(CIA)が2013年に公開した資料によると、
空軍はネバダ州の極秘基地「エリア51」で同機の飛行実験を行っていた。
プロジェクトは1978年から85年まで続き、同機は計135回飛行した。
80年代にタシット・ブルーのテストパイロットを務めた元空軍兵のケン・ダイソンさんは、
「飛行は極めて安定していた」と振り返る。

結局、製造段階に入ることはなかったが、同機がなければB2スピリット爆撃機は
生まれなかった。表面がカーブした機体はレーダーに検知されないことを証明したのが
ターシット・ブルーだった。
かつてエリア51付近では、未確認飛行物体(UFO)の目撃情報が相次いだ。
タシット・ブルーがその正体だったのかとの質問に、もう1人のテストパイロットだった
ラス・イースターさんは、「そのような状況は認識していない」と一蹴する。
ただ、同機初のテストパイロットだった故リチャード・トーマスさんの妻、シンダさんは、
当時夫と共に出席したパーティーで、コンチネンタル航空のパイロットという人物が
夫に近づき、「あなたがタシット・ブルーを操縦しているのを見ましたよ。
もちろん、UFOとして報告しておきました」と耳打ちするのを聞いたという。

2011年の空軍の報告書によれば、ブラックプログラムには「ハブ・ブルー」という
関連プロジェクトも存在した。その残骸は、エリア51の敷地内にある湖に沈められたと
される。
ダイソンさんはハブ・ブルーのテストも担当していた。
しかし「ハブ・ブルーについては何も知らない。もし知っていたとしても答えられない」
と口を閉ざす。「妻は長いこと、私が何をしているのか知らなった。妻にも、プログラムに
無関係な誰にもそのことは話さなかった」とダイソンさん。
周囲の人たちはブラックプログラムにまつわる「戦争の話」を聞きたがったといい、
「学んだ教訓を自由に伝えられるよう、もっと自由にたくさんの話ができればと思ったことも
ある」とイースターさんは振り返った。

-以上です-
画像は
no title

no title

no title

続きを読む

【中国】パソコンやスマホの普及で漢字が書けない中国の若者たちが急増 書道教育の義務化を打ち出す

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/01(土) 14:21:50.20 ID:???0
★漢字が書けない中国の若者たち
2月1日 6時57分

中国ではパソコンやスマートフォンの普及で正しく漢字を書けない若者が増えていることから、
中国政府は若者に漢字を書くことを習慣づけてもらおうと書道教育の義務化を打ち出し、
対策の強化に乗り出しています。

中国では、日常生活に必要とされる漢字の数は、5000字以上に上るといわれますが、
パソコンやスマートフォンの普及で漢字を書く機会が大きく減った結果、正しく漢字を
書けない若者が増えています。

中国の調査会社によりますと「頻繁に漢字を忘れる」という中国人は3割に上り、中国
政府は「漢字能力の退化が、大変懸念される」として、伝統文化の衰退につながりかね
ないとの危機感を強めています。

中国政府は問題の解決を目指し去年、書道教育の義務化を命じる通達を出し、全国の
小学校に対し、毎週1コマ、書道の授業を設け、各学校に専門の教員の配置を進めています。

書道を通じて、漢字の持つ意味を指導するとともに、若いうちから漢字を書くことを習慣
づけてもらうのがねらいです。

北京では子どもを書道教室に通わせようという親も増えており、親の1人はNHKの取材に
対し、「きちんと漢字を勉強しておけば将来進学したときにきっと役に立つと思います」
と話していました。

便利なデジタル時代に漢字の伝統文化をどう受け継いで行くのか、漢字の発祥地、中国の
模索は続きそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140201/k10014938481000.html

続きを読む
ギャラリー
  • 段ボールやフィギュアで作るホームメイド版「ゴジラ予告編」
  • 段ボールやフィギュアで作るホームメイド版「ゴジラ予告編」
  • 段ボールやフィギュアで作るホームメイド版「ゴジラ予告編」
  • 段ボールやフィギュアで作るホームメイド版「ゴジラ予告編」
  • 段ボールやフィギュアで作るホームメイド版「ゴジラ予告編」
  • 段ボールやフィギュアで作るホームメイド版「ゴジラ予告編」
  • 段ボールやフィギュアで作るホームメイド版「ゴジラ予告編」
  • 段ボールやフィギュアで作るホームメイド版「ゴジラ予告編」
  • 段ボールやフィギュアで作るホームメイド版「ゴジラ予告編」
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ